• 散骨を選ぶ理由や、種類について

    散骨について、日本では火葬が一般的で、故人の遺骨は骨壺にいれてお墓に納めるのが通常です。

    現在は、遺骨を自然に還す散骨葬が増えています。



    散骨とは、亡くなった人の遺骨をお墓に納めず海や山、野山、空や宇宙に散骨するなど様々です。

    @niftyニュースのマニアックな情報をお届けします。

    ただ、山や、野山などの場合は許可が降りた指定された場所である必要があります。
    今、海や山を選択するひとが増えている背景には高齢化、少子化、また、核家族によりお墓の概念から遠ざかりつつあるといわれ、お墓を購入しない方が増え、新しい価値観が生まれ海や山にまく人が増えています。
    さん骨には大きく分けて3種類あります。

    家族や親戚で行う、チャーターさん骨、予算を押さえられる合同さん骨、専門スタッフが行う委託などです。

    自分自身で決められる生前予約もあります。
    最近はペットのさん骨も増えているそうです。

    個人さん骨について、個人の親戚で船などを貸しきって行うものです。


    きをつかうことなくお別れすることができます。

    出港から帰港まで、故人を偲びながらのクルーズになります。合同さん骨について、金銭面の負担が少なく、希望するさん骨を行えるのがメリットです。

    委託さん骨は、さん骨社にお骨を前もって預け、専門スタッフのみで行うものです。
    いろいろな事情で難しい場合でも、希望をかなえてもらえるのがメリットです。

    様々な分野の散骨について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

    また、費用の負担も少なくてすみます。


    許可と必要な書類について、正式い必要とされる書類は現在のところ必要ありません。