• 散骨が選ばれる理由と注意点

    従来、亡くなった人は火葬され親族が遺骨を骨壺に拾い、お墓へ納めていました。



    しかし、1990年頃から山や海などの自然に骨を還すという散骨が広まってきました。現在では様々な理由から、お墓への埋葬ではなく自然に骨を還す自然葬を行いたいと希望する人が増えているのです。



    散骨を希望する理由は大きく分けて2つあります。1つはお墓の継承者がいない、お墓の管理がきちんとされるか不安、遺族に金銭的な負担をかけたくないという現実的な理由です。
    もう1つは好きな場所や思い出の土地で眠りたい、宇宙や空に骨を撒いてほしい、暗いお墓の中に埋葬されるよりも骨を撒いた方が希望があるなどロマンを重視しているという理由です。
    どちらの理由であっても散骨を行う際には気を付けなければならないことが多々あります。

    それは、自治体の規制を守ることや禁止されている場所を避けることが挙げられます。


    水源や養殖地の付近では骨を撒いてはいけませんし、私有地でも撒いてはいけません。

    事前に知っておかなければ希望した場所での散骨が叶わなかったり、遺族や親族に迷惑をかける可能性があります。



    また、現在では注目されている散骨ですが、なかには従来通りお墓に納骨してほしいと考える人やきちんと埋葬してあげたいと考えている人も居ます。

    このような自然葬を検討する際は、故人の意思はもちろんですが遺族も納得できる方法の葬送を行うことでよりよいお見送りが出来るでしょう。