• 散骨を考えるときに知っておきたいこと

    近頃はお墓に納骨するよりも、海や山など大自然に散骨をすることを希望する人たちが増えています。


    しかし実際に散骨を行ったことがある人はまだまだ少数派であるため、実際に散骨をしたいと考えている人は事前にいくつかのポイントを知っておくと良いでしょう。

    朝日新聞デジタルに有益な情報の紹介です。

    まず一つ目はどこでも行えるものではないというポイントです。

    思い出の場所や故郷の自然に囲まれた場所を自分の最期の場所にしたいと考えても、私有地であったり漁業に支障がある場合などは許可が得られないケースがあります。



    そのため自分が希望する場所が対応可能な場所かどうかを事前によく調べておく必要があります。


    二つ目は遺骨を加工しなければならないという点です。
    遺骨をそのまま散骨するのは法律に触れる行為であり、さらさらのパウダー状になるまで細かく粉砕しなければ海でも山でも遺骨をばら撒くことは出来ません。
    素人がすりこぎなどを使ってパウダー状にすることも可能ですが、心情的に行うのが難しいという場合や道具が揃えられないという場合には専門業者に委託をするのが手軽でおすすめです。

    三つ目は料金説明のわかりやすさです。



    まだまだ新しいサービスであるため、なかには悪質業者が法外な値段を利用者に請求してくるというケースも考えられます。


    安心して故人の遺骨を任せられるよう、支払う料金が相場に見合っており事前説明をきちんとしてくれる専門業者を探しましょう。

    これらのポイントを知っておけば安心して散骨を行うことが可能となります。


  • 人に言いたい社会

    • 散骨は、日本古来から行われて来た葬送方法ですが、現在では火葬後の墓地への埋葬が一般的です。しかし、経済状況の悪化により全体に占める割合が年々大きくなっています。...

  • 社会の秘訣

    • 日本では昔から火葬が行われています。火葬後は遺骨を拾い、骨壺に入れてからお墓へと納めます。...

  • 社会の重要知識

    • 従来、亡くなった人は火葬され親族が遺骨を骨壺に拾い、お墓へ納めていました。しかし、1990年頃から山や海などの自然に骨を還すという散骨が広まってきました。...

  • わかりやすい情報

    • 散骨について、日本では火葬が一般的で、故人の遺骨は骨壺にいれてお墓に納めるのが通常です。現在は、遺骨を自然に還す散骨葬が増えています。...