• 散骨のメリットとルール

    日本では昔から火葬が行われています。


    火葬後は遺骨を拾い、骨壺に入れてからお墓へと納めます。しかし、現在では火葬以外の埋葬方法も注目されています。


    特に近年注目されているのが散骨です。

    これは細かく砕いた遺骨を山や海に撒き、最終的には自然に還るという自然葬のひとつです。


    業者や方法によってすべての遺骨を撒くことも出来ますし、一部だけ撒く場合もあります。



    1990年ごろから提案されている散骨ですが、いくつかのメリットがあるため近頃注目されています。


    まずはお墓に入らないのでお墓を継承する必要がないという点です。
    身内がいない場合や一緒に住んでいない場合はお墓に納骨しても管理が行き届かない可能性があります。



    散骨すればお墓の継承が必要ないので故人も遺族も安心だと言えます。
    次に費用が少ないという点が挙げられます。
    お墓を購入するとなると数百万必要となりますが、散骨であれば数十万から実現することができます。
    このようなメリットがありますが、実際に骨を撒く際にはいくつかのルールに従わなければなりません。



    たとえば遺骨とわからない大きさまで砕かなければならない、水源や養殖場の近くで行ってはいけない、所有地で行わないなどをはじめとしてたくさんの決まりがあります。


    自治体の規制を含めいくつかの条件を満たす必要もあります。

    メリットがある方法ですが、いくつかのマナーを守る必要がありますので散骨を行いたいと考えている方は事前にそのルールについて学んでおくと良いでしょう。