未来に向けてデジタルサイネージはあらゆる所で利用

バナー

未来に向けてデジタルサイネージはあらゆる所で利用

デジタルサイネージを利用した広告配信と言うのは、適切な場所に適切な広告内容を多くの方に伝えるために一般的に利用されています。

例えば、街頭にある大型スクリーンに映される広告などが挙げられます。

ジョルダンニュース!情報の公開中です。

ただし、広告内容が一人一人に合う内容とは限らず、中には興味を示さない通行人もいます。海外では、デジタルサイネージを利用して出来るだけ適切な方へ適切な広告を配信するシステムが導入されています。



その内容とは、ディスプレイに設けられたカメラの情報から、その人物の年齢や性別を割り出しその方に出来るだけ合う広告内容をディスプレイに映し出すシステムです。ディスプレイの前に立った時にだけ反応をして動画を配信を行うシステムもあり、通行人に対して注意を向けさせる効果を期待する事も可能です。
現在のテクノロジーは日々進化をしている物であり、対象人物の距離を割り出すカメラもあります。

一般的な広告と言うのは、距離によって視認性に変化が現れますが、このカメラとデジタルサイネージの技術を利用すれば、適切な距離から適切な広告の大きさの配信を行う事が可能となり、距離に左右され難い広告配信も可能です。デジタルサイネージの技術は、広告の配信として利用されていますが、この技術は広告でなければならないとは限りません。例えば、店舗内の内装の一部であったりする事も可能です。ディスプレイを多く利用すれば、周りを違う空間として演出する事も可能であり、人が足を運べない空想の世界や、宇宙空間なども擬似的に作り出す事が出来ます。

デジタルサイネージの情報も多数ご用意しました。

Copyright (C) 2016 未来に向けてデジタルサイネージはあらゆる所で利用 All Rights Reserved.